Gallery

「散歩」それはとても贅沢な時間、自分だけの時間、誰かとの時間。
ありふれた風景や思いがけない感動の記憶の手助けのために是非、カメラを供にでかけたい。